FC2ブログ
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:--   [スポンサー広告]
 ありがとうさようなら
今日、もう一人の父だと思っていた人が亡くなりました。
とても元気な人で、なんでこの人が?という思いでいっぱいです。


その人との関係は…まぁ弟のサッカー仲間のお父さんですね。一見繋がらなさそうですが、この人を中心に四家族ぐらいが弟が小学生の時から今まで家族ぐるみの付き合いが続いてます。
そのおじさんはとにかく私の事も可愛がってくれました。私が浪人した上に前期試験に失敗し、やっと後期で合格した時に自分の娘みたいに喜んでくれて、自分の名前入りのお花を持ってきてくれました。今も前の携帯に写真が残ってます。
自分が息子しかいないせいかもしれませんが、私にいつも「娘はいいなぁ…いや、ゆりちゃんがいい娘なんだなぁ」としみじみ言ってくれました。
年に何回か四家族で集まって食べたり飲んだりしました。おじさんはいつもムードメイカーでした。ある飲み会でおじさんが「俺はゆりちゃんが結婚する時に乾杯の音読をとってやるぞー!父親より先に泣くだろうなぁ」と言ってくれたのが今でも忘れられません。来れなくなっちゃったね。


朝母親と二人でおじさんの家に行ってきました。四家族のほとんどが集まっていました。目も口もうっすら開いてて、なんだかこっちに目を動かして、よう!とか言いそうでした。母親と膝から崩れるようにして泣きました。体格よかったのに、ずいぶん痩せたね…

まだお別れが信じられませんが、もう見てしまったので嫌でも実感があります。
みんなに愛された素敵なおじさんでした。私の大切なもう一人のお父さんでした。ありがとう。さようなら。
スポンサーサイト
2008.07.09 Wed 20:47:01   comment:0   trackback:0   [未分類]
comment
comment posting














 

trackback

何も期待はするまい | HOME | なんて事だ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。